2018年の約10冊

古書の約10冊

今年は戴きものに恵まれた。生前の詩人の記憶も。受け継ぐことの喜びと責任。

水沼靖夫『四季の子守唄』私家版、昭和46年

透明な滴くを放射状に
きらめかせて燃えた
あの水々しかった太陽
たとえ真火な荒野がすぐみえるとも
いつまでも霧のむこうに潤んで
俺の身は濡れ 水がしたたり
そのまま溶けて流れて行くように思えた
水の国へ その水の都へ

「太陽は」より


水沼靖夫『漁夫』関西書院、昭和50年

時間はそれぞれに魂を握り締めているものだ
魂を握り締めて
身を浸して流れる水のようにではなく
波間に遠のく島のように
その島へ寄らなかったことへの悔いのように
時間はある

「時間は」より


水沼靖夫『近江抄』私家版、昭和51年

 稀にこの国を出て、そしてこの国に帰って来た者は、己の探していたものを初めて見出すにちがいない。逢う身よ。あるいは、この国に失なった分身を探しに来る者は絶えない。そして探しあてたものを連れて帰ることができないと知って、この国に住みつく。

「外輪」より

 この作品集は「わが近江」と名付けてもよかった。この国には緑色の、それも水のような風景が常に溢れていて、私の由来がその向うに隠れているように思えたからだ。

「あとがき」より


水沼靖夫 個人誌「水夫」A(1985年1月)・B(1985年3月)・C(1985年6月)

「水夫」Cの発行日は1985年6月30日だが、詩人は6月10日に入院、8月15日に亡くなった。



没後、小柳玲子氏によって編まれた最後の詩集『水夫』(花神社、1985年)は、同誌と同じ体裁・レイアウトがとられた。左は筒函。

 卵細胞が卵巣内で発育し成熟したとき、卵胞が破れて卵子が排出される。その卵子は子宮の闇の中をゆっくりとその中心に向って下りてゆく。まさに白色矮星のように、薄暗く光りながら移動してゆく。それは私の眼には青白く揺れて見えるようだ。そして受精しなかった卵子は、超新星のように散ってしまう。
 このようなアナロジーを私はよく想う。特に、白色矮星の美しさを想い浮かべる。それが生でなく死の様態であることを思いながら。しかし、内宇宙は外の宇宙と正反対の在り様を示してくる、ことも私の驚きである。

「雑記 内宇宙」(「水夫」C)より


『尾形圭一詩集』尾形圭一詩集(遺稿)刊行会、昭和35年

昭和4年神戸市生まれ。彦根の滋賀大経済学部では近江詩人会の指導者でもあった杉本長夫の教え子だった。大学卒業後、長浜で塾の先生をしていたことがある。昭和35年、神戸にて没。師の杉本長夫が序文を書いている。
印刷・双林プリント。装幀・山前実治。

  詩人と柿

青空に映える柿が
しぶ柿だということを
誰よりよく知っている君だ

わざわざとって
かじらなくてもよいだろう


杉本長夫『呪文』文童社、1962年

  小景

坂道を登りつめると
老蘇(おいそ)の森がみえる
鐘や太鼓の音がしている。

やがて
小鳥を飼つている農家の
見事な椿の古木
あたりは菜種の花盛り。

男の子が二人で
田芹をつんでいる。
ここまでくると
わたしの足は急に軽くなる。

ほつこり甘いマロンをおもわす
多喜さんの家はすぐ近くです。


井上多喜三郎『花のTORSO』月曜発行所、昭和15年

多喜さんの袖珍句集。

  ビワコホテル

配皿のボーイは若し月も配る


高橋輝雄『もくはんのうた 5』虫眠館、1979年

自刻自刷の木版画・蔵書票に、木版で刷った友人の清水卓・小桜定徳・自身の詩。限定30冊のうちの第27冊。
高橋はのちに清水の詩だけで『清水卓詩抄』(1981年)を自刻自刷で20部つくっている。




『詩集 海道』龍舌蘭社、1950年

宮崎の詩誌「龍舌蘭」同人の合同詩集。高橋輝雄のカット1点。高橋の友人・清水卓の妹・清水ゆきの詩が8篇掲載されている。


清水卓に妹がいたことを今年以下で知った。
小桜定徳旧蔵の高橋輝雄木版詩集 : daily-sumus2

  無題

古い鳩時計はもうならなくなつた
しかし禱りてきかせ給へよ
失樂の歌を

(清水ゆき)



中田忠太郎『かひつぶりの卵』私家版、大正14年

この石川の詩人の名を初めて聞いたのは金沢の龜鳴屋さんでだった。その日オヨヨ書林せせらぎ通り店で伊藤信吉『金沢の詩人たち』を見つけ、「中田忠太郎『かひつぶりの卵』の詩人」という文章を読んだ。
あれから4年。ようやく手にした本書はボロボロだが、いまも若々しい抒情に満ちている。19歳の作。


NDLデジコレで読める。
かひつぶりの卵 : 詩集 - 国立国会図書館デジタルコレクション

詩集はこれきりのようだ。没後金沢の詩誌「笛」93号(笛の会、1970年)で特集が組まれ、前半が6篇からなる遺稿詩集となっている。


『夜の歌 長谷川利行とその藝術』矢野文夫編、邦畫荘、昭和16年

長谷川利行展の帰りに百年さんで。

うすねづみ色の
うしろ姿である
部屋の片すみを
遁れて行く
あすぱらがすを
食べたいナ

(「キヤツフヱ・オリエントの印象 その1」)


阪本周三『朝の手紙』蒼土舎、1981年

ひらかれた書物にサイドラインを引くために生まれてきたのではなかったことを、
あなたのひとみのなかで
ぼくは耐えなければならない。

「海」より


新刊の約10冊

もっと、海をー想起のパサージュ

もっと、海をー想起のパサージュ

エコラリアス

エコラリアス

名井島

名井島

収容所のプルースト (境界の文学)

収容所のプルースト (境界の文学)

サハリンを忘れない 日本人残留者たちの見果てぬ故郷、永い記憶

サハリンを忘れない 日本人残留者たちの見果てぬ故郷、永い記憶

情報爆発-初期近代ヨーロッパの情報管理術 (単行本)

情報爆発-初期近代ヨーロッパの情報管理術 (単行本)

記憶術全史 ムネモシュネの饗宴 (講談社選書メチエ)

記憶術全史 ムネモシュネの饗宴 (講談社選書メチエ)

ヒュプネロートマキア・ポリフィリ─全訳・ポリフィルス狂恋夢

ヒュプネロートマキア・ポリフィリ─全訳・ポリフィルス狂恋夢

こないだ

こないだ

やちまたの人―編集工房ノア著者追悼記続

やちまたの人―編集工房ノア著者追悼記続

www.keibunsha-books.com
www.keibunsha-books.com

「toji 創刊号」2018年5月

保忌


高祖保よ、君をかなしむ、
さやうならとも言はないで、
ビルマに消えた『雪』の詩人よ。
悲しい戰さの受難者よ。


高祖保よ、君をしのぶよ、
お行儀のよい來訪者、
禮儀正しい通信者、
待たれる人よ、待たれるたよりよ、


僕の孤獨の慰安者よ、
追悼文の豫定の筆者よ、
この番狂はせは、むごくはないか、
天へ昇つた天童よ!


ああ、呼ぶけれど答へぬ者、
天へ歸つた詩の雪よ、
高祖保よ、きこえるか、
とぎれとぎれの僕の聲が?


堀口大學「雪」
『雪國にて』(柏書院、昭和22年7月7日)所収

※「天童、高祖保哀悼詩篇」四篇のうちの一つ。悼詩四篇は『高祖保詩集』(岩谷書店、昭和22年11月10日)に序詩として再録された(若干異同あり)。

2017年の約10冊

古書の約10冊

加藤健『詩集』詩洋社、昭和6年

立原道造が「盛岡ノート」の旅で親交を結んだ詩人。この人は、生前刊行した10冊の詩集(没後にも2冊ある)のうち6冊にただ『詩集』と同じタイトルをつけているのだけれど、本書は第一詩集。石神井書林古書目録100号より。同目録には「藤田嗣治(表紙・挿絵)」とあるが誤りで、何かの手違いだろう。藤田が装幀挿画を手がけたのは第三・第四・第五・第六・第八詩集。
「後記」によると、詩誌『詩洋』で師事した前田鐵之助の夫人のカットが使われる予定だったが、未着のため同夫人が装幀した前田鐵之助『四つの詩集』と同装にしたとある。

公園の熊の子は寂しい。
二匹で相撲をとるのだ、
そして二匹ともころぶのだ。


(「断章」より)

暗澹として空は曇つた。


黒い馬は意志に燃ゆる、
銀に、川を蹴たて ゝ走つてしまつた。


(「馬」)


中村胖『青い紳士』書肆かぎや、昭和23年

戦前は「冬木胖」名義で書いていた、堀口大學門下の詩人。高祖保「孟春」のエピグラフ「月夜の園の鶴夫人(マダム・シゴオニュ)の扇」の作者。戦後は本名で書いたようで、本書は句集。中村胖名義では他に、旧作より編んだ詩集『今いづこ』(書肆かぎや、昭和22年)もある。

白きマスクを外して白き言葉あり

落葉積むわが墓ぞ見ゆまぼろし

枯木にもたれたひとのねがひは音楽

クリスマスカアドにも書けりさびしやと


松本良三『飛行毛氈』栗田書店、昭和10年

『シネマ』の石川信雄によりまとめられた遺歌集。石川と松本は川越中学で同窓になって以来の盟友。昭和8年に27歳で早世。


アドバルウンに吊りさげられてゐる街はくたびれはてた晝の街なり

かの日よりうちがはばかりむきたがるかなしみをもつた少年なりき

今朝買ひしメソポタミヤの地図なくし夜更けの街にわれ迷ひゐる

ひとあまたみちあふれゐるデパアトに買ひしノオトをわが撫でてゐる


西山克太郎『過去』私家版、昭和39年

石神井書林古書目録101号より。「リアン」事件に連座したシュルレアリストの第一詩集。昭和14年発行だが直ちに発禁、押収されて2部しか残らず、「西山克太郎論」のある内堀氏ですら原本未見とのこと。本書はその復刻版。著者による後記、「「過去」出版前後事情」、高橋玄一郎「山中消息」も収む。
収録作はわずか10篇。検閲に引っかかりそうな詩は題名のみ掲げ、別途「詩集過去・補遺」として配ろうと謄写版で10部ほど刷ったそうだが、発禁時にすべて失われたという。
ほか、『モルグ』『点と線』という作品集もあったが、稿本を預けていた高橋玄一郎が「リアン」事件で検挙された際に失われてしまったのだった。


地球の裏側に赤き肉體が散る。
男の胸と女の胸。
 (河が奔る 動脈出血のやうに 激しく)


男が頭を裏返す時、女は肌を裏返す。
それは女が蜜蜂に近いせいだ。


(「法に依りて」)


志村辰夫『新フィレンツェ』日本愛書会、昭和17年

イタリア・ルネサンスに仮託して体制批判したというサタイア詩集。濱田濱雄の挿画・コラージュが5点入っている。『新領土』で一緒だった安藤一郎と永田助太郎が跋文を寄せている。


太田静子『あはれわが歌』ジープ社、昭和25年

太宰との顛末を書いた小説。モダニズムの画家で詩歌もつくった六條篤が「三條篤」の名で登場する。太田静子は戦前、新短歌を詠んでいたころ六條篤と恋仲になったことがある。作中に六條が太田のために書いたという詩「指紋」が出てくる。ほんとうに六條篤の詩なのか、それとも太田の創作なのか、不明。

これは牛乳で育つた花
水曜日の饗宴のゆるやかな流れに
影をおとして


多くの会話がそれに集る


わたしのシモーヌ・シモン
そなたの指に花葩がふれる
さやうなら花が散る
黄昏の指紋が残る


『先生のいない学校 「近江詩人会」の思い出』近江詩人会、1995年

京都新聞朝刊「文化の風土」欄に1995年1月1日から31日まで26回連載された回想録をまとめた冊子。東京では日本近代文学館が所蔵するが、手元においておきたい一冊。文月書林目録「étude 6」より。

執筆者と記事名は以下の通り。

  • 中川逸司「近江詩人会創立前後の縁」
  • 木村三千子「第一回滋賀県文学祭詩の部に応募したきっかけ」
  • 谷川文子「「令女界」などで知った詩人たちとの出あい」
  • 宇田良子「敗戦の混乱のなかでの詩の芽」
  • 宇田良子「井上多喜三郎さんと交歓する詩人たち(一)」
  • 宇田良子「井上多喜三郎さんと交歓する詩人たち(二)」
  • 宇田良子「願ってもない田中冬二先生のご親愛」
  • 宇田良子「西条八十門下の俊秀 小林英俊和尚」
  • 中川郁雄「山ノ口獏さんを乗せて走った中山道
  • 藤野一雄「乳母車に乗った武田豊さん」
  • 藤野一雄「書物に対する異常な執着心 田中克己先生」
  • 藤野一雄「詩を志すだけで気軽に出入りできた師の家 杉本長夫先生」
  • 藤野一雄「都市型詩人と田園型詩人の師弟関係」
  • 伊藤桂一「真摯で熱っぽい合評会」
  • 藤野一雄「語り草のイノシシ狩り 木彫師 山本紀康さん」
  • 田井中弘「稚拙な多喜さんとのケンカの思い出」
  • 田井中弘「「山の樹」の同人と巡った湖北と湖東」
  • 尾崎与里子「男友達とのつきあいの楽しかった木彫師の村」
  • 尾崎与里子「女性五人で同人誌「ゆひ」の結成」
  • 尾崎与里子「「遠方」を見るひと 大野新さん」
  • 武部治代「ユーモアとアイロニーの味趣 藤野一雄さん」
  • 武部治代「詩の旅でであったひと」
  • 大野新「死の棺に間に合わせた詩集の女人 北川縫子さん」
  • 大野新「一篇の傑作をのこしたアル中詩人 伊藤茂次さん」
  • 大野新「詩の賞に揺れた仲間たち」
  • 山本みち子「近江の詩の風土は独特の湿りとこくと艶と灰汁」
  • 大野新「あとがき」


杉本長夫『石に寄せて』書肆ユリイカ、1955年

私は淋しい人が好きだ
冬枯れた雑木林の小路のような。


私は悲しむ人が好きだ
泉の傍の青苔のように。


私は死を想いつめる人が好きだ
鏡のなかの山百合のように。


(「好きな人々」)


中村正子『胸のそこの川原で』いしころ詩の会、昭和35年

解題:大野新、題字:山前実治、印刷:双林プリント
結核療養所で一緒だった大野新の手で刷られた遺稿詩集。善行堂さんにて。


乾直恵『肋骨と蝶』椎の木社、昭和7年

早稲田Cat's Cradleのブックフェスにて(今年で終了なのは残念)。古書ソオダ水さんの出品(実店舗オープン楽しみ)。


『教室』16号、長浜詩話会、昭和27年8月24日/『地上』21〜25号・27号・30号・32号・33号・36号・41号・42号・45号、長浜詩人会、昭和28年2月28日〜30年5月29日(ほぼ毎月発行)

発行責任者はいずれも武田豊ガリ版刷りの小さな手作り冊子。表紙が手描きの号もある。
『教室』は、武田豊も創設者の一人だった近江詩人会の詩話会テキスト『poets' school』(『詩人学校』)を意識しているように思われる。『地上』21号の後記より、『地上』は『教室』の改題誌であることが分かる。通巻号数は改めずに引き継いでいると思われるので、『地上』の20号以前は存在しないはず。何号まで続いたのだろうか。『地上』の主要メンバーは、武田豊が昭和42年6月からはじめた詩誌『真珠』に加わった。『真珠』は一昨年87号で終刊するまで半世紀近く続いた。これら長浜在住の同人を中心とした詩誌と平行して、武田豊は昭和29年から45年まで大野新・天野忠石原吉郎らを同人とする『鬼』も主宰していた。
長浜市立図書館には『真珠』が1号からあるが、『教室』と『地上』はどこも所蔵していない。武田豊について調べている過程で、『教室』時代から『真珠』終刊まで関わってこられた詩人に出会い、保存されていたのをご提供くださった。武田豊の詩集未収録作品も複数含まれている。長浜における詩の活動の歩みを知る上でも貴重な資料。なによりこれらが残されていたこと自体に感動。


新刊の約10冊

山下陽子蔵書票集『妖精の書』ギャラリーロイユ、2017年

4月にギャラリーロイユで蔵書票シリーズ他の新作をじっくり観られたのもよかった。
https://www.g-loeil.com/product-page/le-petits-messagers-妖精の書

涸沢純平『遅れ時計の詩人』編集工房ノア、2017年

遅れ時計の詩人―編集工房ノア著者追悼記

遅れ時計の詩人―編集工房ノア著者追悼記

【+】刊行記念冊子『淀川左岸』ぽかん編集室、2017年
http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000021795/b_yom/page1/order/

『ぽかん6号』ぽかん編集室、2017年

http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000021037/b_lit_bun/page1/order/
長浜の詩人・武田豊について小文を寄せた。

【+】ぽかんのつどい記念冊子『ぽかん読者にすすめる5冊』ぽかん編集室、2017年
6号の拙稿とあわせて読む想定で5冊おすすめした。

高橋輝次『編集者の生きた空間』論創社、2017年

編集者の生きた空間

編集者の生きた空間

【+】同『古本こぼれ話 巻外追記集』書肆艀、2017年

今村欣史『触媒のうた 宮崎修二朗翁の文学史秘話 』神戸新聞総合出版センター、2017年

触媒のうた―宮崎修二朗翁の文学史秘話

触媒のうた―宮崎修二朗翁の文学史秘話

尾崎与里子『どこからか』書肆夢ゝ、2017年

13年ぶりの新詩集。ご恵投にあずかる。人生の黄昏と始原を同時に想う。私の育った町で、しかもすぐ近くで詩を書いてこられたと知ったのは、つい数年前のこと。今年初めてお会いすることができたのだった。

黒木アン『ウィル』虹色社、2017年

https://title-books.stores.jp/items/59aa5b7fc8f22c6b4400026c
8篇の詩に、対応する点字の印刷された薄紙が重ねられている。それは飾りなどではなく、詩と同じく詩人の想いが姿をかえたもの。
点字毎日の紹介記事

『新訳 ステファヌ・マラルメ詩集』柏倉康夫訳、私家版、2017年


【+】青土社よりKindle版も出ている。
こちらはフランス語原詩も収録し、ヘッダーメニューで原詩と翻訳の間を簡単に行き来することができる。またIndexには49篇の詩に使われたすべての単語が網羅され、詩のどの行にあるかも分かるようになっている。電子書籍の利便性ができる限り実装されている。

[新訳]ステファヌ・マラルメ詩集

[新訳]ステファヌ・マラルメ詩集

田中純『歴史の地震計 アビ・ヴァールブルク『ムネモシュネ・アトラス』論 』東京大学出版会、2017年

【+】刊行記念プレゼント「ムネモシュネ・アトラス・カード
当選!

ジョーゼフ・ケアリー『トリエステの亡霊』みすず書房、2017年

トリエステの亡霊――サーバ、ジョイス、ズヴェーヴォ

トリエステの亡霊――サーバ、ジョイス、ズヴェーヴォ

保忌


高祖保高祖保、そうだつたかそうだつたかと、あの人は元気でいつた。高祖のバカヤロウと僕は口のなかでつぶやいた。何んでビルマなんかで死にやがつたと、お前もここへ来て一パイ吞めと、それで急に彦根の城下町が好きになつた。
彦根城址にて高祖保を憶う〉


安藤真澄「詩人のノート」より
『コルボウ詩集 一九五三年版』 (コルボウ詩話会事務所、1953年)所収

2016年の10冊

古書の10冊

水沼靖夫『惑星』詩学社、1981年

“水の詩人”とでも言うべき水沼靖夫との出会いは今年一番の収穫だった。本書のほか、図書館蔵書でだが『漁夫』『近江抄』『工人』『遠心』『水夫』を読んだ。いつの日か初期の私家版詩集『水檻』・『四季の子守唄』も読めるだろうか。

水は優しいものだ。(「衣」より)

水も優しいものだ。(「色彩 Ⅰ」より)

私は水の在所について想ってきたようである。水のやさしい流れを歩いてきたようである。(「あとがき」より)


武田豊詩集』関西書院、1980年

架蔵するのは2冊目だが、これは特別な1冊。武田豊が営んでいた「ラリルレロ書店」のあった長浜の町家に36年間ずっとしまわれていたものなのだ。今秋、長浜を訪れた際に町家の大家さんからいただいた。


中川逸司『落穂ひろい』不動工房、1991年


※装画・版画 高橋輝雄

詩の生涯の師として約四十年、親しくして頂いた武田豊、即ちラリルレロのおっさんの三回忌を過ぎて、やっと二冊目の詩集を編む決心がつきました。生前のおっさんからは、ある時期にまとめなければ、その詩集を足場にして更に深く詩は書けないとよく言われ、また知人友人からもすすめられたものでしたが、罪業逃げられず俗事生業に追われ、性来の呑気さも加わり、その足場も作れないまま三十有余年が経てしまいました。
私の同時代が何らかのかたちで戦争の体験から抜けだせないように、私の書いてきた詩を振り返りますと、どうしてもその体験の異常さや悲惨さから抜け出すことはできなかったようです。そんな影が原点にあって、戦後半世紀にもなろうとする現在もまだ、眼の前に若い時代の暗さがつきまとっているのです。

(「あとがき」より)


『清水卓詩抄』高橋輝雄 編・刻、私家版、1981年

ひもじい地べたじゃないか
のっぺらぽうの杓子がころんどる
節太郎よ
雨漏りはさびしいね
米に
雨だれをうんとこさ
うけてよ
俺はそんなかに
金魚を入れたぞ
出目金
ふら金
びっちょれ金
節太郎よ
雨漏りはやっぱりさびしいね
金魚に黴が生へてよ


(「節太郎よ」)


大森澄『宵待草』木犀書房、1970年

若さに憧れるとき
私は涙がこぼれる
でももう一度人生をやりなおすことを思うと
私は疲れを感ずる


(「やりなおしたくない人生」)


堀内幸枝『紫の時間』書肆ユリイカ、1954年

彼岸花は青白い少女の胸に忽ち怪しい緋色の夢を流した。病的な少女はめらめら燃え立つ毒の夢を沢山食べて元気になつていつた。夕焼雲が山の傾斜に広がると一筋の道は火の海になつた。痩身な少女の体に俄かに幽鬼が籠り、瞳には赤い雲が撥ねて、赤い涙で沢山の詩を綴つた。

(「紅い花」より)


山本信雄『木苺』椎の木社、1933年


小さな公園
海近い公園。


若い孟宗の茂みと
藤棚の下の二つの青いベンチ


ぶらんこと滑り板の遊戯道具
そしてあとはたゞ柔い砂ばかり。


(「十二月の公園」)


『わが詩 わが旅 木下夕爾エッセイ集』内外印刷出版部、1985年

墓地を歩くのが好きになった。売春婦の出没したりするモオパッサンの短篇の中の墓地とちがって、田舎のそれは路傍に数本の樹木にかこまれたり、小高い丘の松籟の下にしずかにならんでいる。
——そういうところに立寄って見知らぬ人の墓石に手をおいたりする。
あたりは碑面をおおっている苔の花の散る音さえきこえるように森閑として、こんなところでは何かいい分別でも出そうにおもわれる。

(「夜ふけの客人」より)


『夢のはて 澤渡恒作品集』デカド・クラブ、1952年

シネマハウスのなかの僕の胸に、薔薇のパラシュウトが青空を落ちるあの浮気なスピイドで開いてゆく。暗闇がすこしオイルくさくなり、モンドリアンの角からミルク色のペガサスがはしつてくる。僕は黒いマントをきた、少年という名前の少年であつた。

(「エクランの雲」より)


『坂窗江詩集』私家版、2008年



新刊の10冊

矢部登『田端抄』龜鳴屋、2016年

http://kamenakuya.main.jp/%E7%94%B0%E7%AB%AF%E6%8A%84/

戸田達雄『増補 私の過去帖』

私の過去帖

私の過去帖

黒沢義輝『日本のシュルレアリスムという思考野』

日本のシュルレアリスムという思考野

日本のシュルレアリスムという思考野

矢野静明『日本モダニズムの未帰還状態』

日本モダニズムの未帰還状態 (りぶるどるしおる 82)

日本モダニズムの未帰還状態 (りぶるどるしおる 82)

福田尚代『ひかり埃のきみ』

ひかり埃のきみ: 美術と回文

ひかり埃のきみ: 美術と回文

瀧克則『道隠し』

道隠し―瀧克則詩集

道隠し―瀧克則詩集

『暮尾淳詩集』

暮尾淳詩集 (現代詩文庫)

暮尾淳詩集 (現代詩文庫)

鬼海弘雄『靴底の減りかた』

靴底の減りかた (単行本)

靴底の減りかた (単行本)